水漏れトラブルは被害拡大を防ぐのが肝心

水漏れトラブルは被害拡大を防ぐのが肝心 水漏れトラブルが発生した場合、まず考えるべきは被害拡大を防ぐことにあります。唐突に発生した場合にどう対応すればよいか分からないという方も少なくないでしょう。専門業者にすぐに依頼する方法もありますが、まずはご自身で被害が拡大しないように応急処置を行うことを意識しましょう。今すべきことは何かを理解すれば、最悪のケースを防ぐことができます。

■水漏れトラブルの応急処置とは

水漏れトラブルの場合、応急処置は絶対にしないといけません。放置してしまうと床や壁などに水が浸透してしまって、家の劣化を招く結果になりかねません。速やかに応急処置を施すことをまず意識しましょう。特に集合住宅の場合は、隣人や階下にまで水漏れの被害が広がる可能性も出てきます。具体的に応急処置を行うにあたっては、まず水の流れを止めることが重要です。蛇口や排水管から水漏れが発生している場合、止水栓を閉めましょう。そうすると被害が拡大するのを防ぐことができます。水漏れが発生しているのを発覚できない場合もあるものの、発覚した時はまず止水栓を閉めるべきです。次に、水漏れ箇所にバケツを置くなどの処置をするも大切です。これは水が漏れている箇所を特定するとともに、床に水が浸透しないようにするためです。バケツの下にビニールシートを置くというのも効果的な方法ですし、タオルで破損個所を塞ぐのは排水管からの水漏れに有効です。

■応急処置後は専門業者に相談
応急処置を行った後はすぐに専門業者に相談するのが望ましいです。応急処置はあくまでも一時的に症状を改善する方法であり、完全に問題を解決するには至りません。専門業者に相談し、原因を取り除くことが大切です。もしも放置してしまうと悪臭や家の劣化につながってしまうため、できるだけ早く対応した方が良いでしょう。専門業者に依頼した場合は費用がかかってしまうものの、ほかの方に被害が広がってしまうリスクを抑えることができます。このようなことも考慮し、迅速に行動をしましょう。止水栓や元栓を閉めるなどの応急処置を行うことで、被害の拡大を食い止めることができるため、まずご自身での対応を重要とすべきです。

■自分で修理が可能かの判断

水漏れの原因によっては、自分で修理も可能な場合も少なくありません。部品の交換であるのなら同じ新しい部品を購入して対応できるでしょう。しかし、水のトラブルに慣れていない方や水漏れに関する知識がないという方は、やはり専門業者に依頼した方が良いでしょう。分解して組み立てを行う必要があるのなら、専門的な知識や技術が必要となります。24時間365日いつでも受け付けている専門業者も少なくないため、助けが必要であるのなら、まずは相談するのがおすすめです。応急処置を行うことですべてが解決したと思う方もいるものの、根本的な問題が解決しないと再度同じ問題が発生する場合もあります。専門業者に依頼をかけて原因を取り除いていくことが肝心となります。

■まとめ
水漏れトラブルは被害の拡大を防ぐことを念頭に置くべきです。さらに、応急処置を行うことで被害の拡大を防ぐとともに、専門業者に依頼した場合の費用負担軽減にもつながります。応急処置後には専門業者に依頼し、どれぐらいの費用がかかるのかを聞いてみるのが良いでしょう。今すべきことは何かを理解したうえで対応すれば、余計に費用がかかることも被害が拡大することもありません。専門業者に依頼した場合は作業費と出張費がかかるため、ホームセンターなどで新しい部品の購入だけで済むのなら経済的な負担が少なくなります。しかし、専門的な知識がなければ自分で解決するのは難しいため、修理を依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース