排水パイプの水漏れの原因と修理方法

水漏れが排水パイプに起こる原因は限られており、自分で直す方法もあります。専門業者に依頼すべきかどうかはまずは原因を把握したうえで判断するのが望ましいです。

■排水パイプから水漏れする原因

排水パイプからの水漏れは主に3つの原因があります。パイプと排水管、もしくはパイプと排水溝の連結部分の緩みや故障、その他にはパッキンの経年劣化などによる損傷です。
パイプ自体の損傷や破損に関しては専用の接着剤により水漏れを起こしている穴を塞ぐ必要があるため、専門業者に依頼しないといけないものの、上記の3つの原因に関しては自分で対応することも可能です。

■ウォーターポンププライヤーとゴム手袋が必要

自分で排水パイプの水漏れを直す場合、ウォーターポンププライヤーとゴム手袋を用意しましょう。結合部分が緩んでしまっているトラブルは、ウォーターポンププライヤーを使ってナットをしっかり締めることで解決できます。
パッキンの損傷は修理ができませんので、ウォーターポンププライヤーを使用して交換する必要があります。排水ホースを取り替える場合は、ホースのサイズが口径にあうものを用意しましょう。排水ホースを正しい位置に設置すれば、完了となります。

■まとめ
排水パイプからの水漏れの原因を特定すれば、自分で直すことも可能となります。しかし、必要な道具と新しい部品を用意しないといけないため、難しい場合は専門業者に依頼すべきです。あくまでも自分で対応ができると思った場合に選択した方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ