水漏れの原因が根元である場合の対応

レバーの根元から水漏れが起こる原因は、接続部分に緩みが生じていたり、パッキンの劣化などが影響している可能性が考えられます。どこが故障する可能性があり、注目すべきかをしっかり把握しておけば、対応はそう難しくはありません。

■ケースによって何が原因かが分かる

レバーの根元から水漏れしている場合、水を出した時だけ濡れている場合は接続部分の緩みが原因である可能性が比較的高いと判断できます。使用時以外にも水漏れしている場合は内部の部品に経年劣化が生じている可能性があります。どこから水が漏れているのか分からない時、その特定方法はまず接続部分の緩みを確認し、次にパッキンやバルブカートリッジの交換が必要であるかを確認しましょう。

■水漏れ原因を特定する手順

シングルレバータイプの場合はパッキンを確認するときに2箇所の確認が必要です。どのパッキンが壊れているかの判断を間違ってしまうと、対応そのものが間違ってしまう可能性があります。どのパッキンの異常であるかは実際に分解してみないと細かいことが分からない場合もあります。そのため、止水栓か元栓で水道を止めたうえで作業を行うようにしましょう。


■まとめ
水漏れの原因が根元である場合である場合は、何が原因であるかをまずは判断するのが大切です。そして、水漏れ原因を特定する手順を間違えないようにすることも意識した方が良いでしょう。自分で直すのが難しい場合は専門業者に依頼することを考えるべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ