水漏れ専用テープの使い方について

水漏れ専用テープはもしもの水が漏れてきた時のために用意しておいた方がよいでしょう。自身で応急処置として専用テープを使用する場合、それぞれのテープによって使いやすさ及び効果は異なりますので、特徴の違いを把握したうえで使用しましょう。

■水漏れ専用テープの使い方の基本

水漏れ専用のテープは、水が漏れている箇所を綺麗にした上で水が漏れている箇所に巻きつけます。自己融着テープや防水補修シートは幅広い症状に効果的で、水道用ラップテープは排水管のトラブルに有効です。
それぞれの種類によって使い道が変わっていきます。水が漏れ始めてから買いに行っては被害が拡大する可能性があるため、用意していない場合は早めに業者へ連絡するべきでしょう。

■注意すべき弱点について

水漏れ専用テープは勢いの強い水漏れには適しておらず、無理に使おうとしても被害が拡大してしまう恐れがあります。ポタポタ程度の水漏れに適した商品であることを覚えておくべきです。
さらに、あくまでも一時的に止めるだけで、完全に直すことはできません。そして、正しく巻き付けないといけないことも忘れてはいけません。どの種類を選択するか、さらに使い方よっては水漏れを防げませんので、注意が必要です。

■まとめ
水漏れ専用テープの使い方はそう難しくはありません。ただ、事前に用意していなければ、予期しない水まわりのトラブルに役立てるのは難しいです。水が漏れている事を確認してから買いに行くのでは、場合によっては間に合わず水浸しになってしまう可能性があります。そして、テープは応急処置に過ぎませんので、業者にお願いして根本から修理してもらう方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ